助成金

2015.12.08
パート労働者を雇用する企業に補助金が支給されます

 

今日は、

パート労働者を雇用する企業にメリットのある政策のご案内です。

 

政府は、

高齢化社会等による人手不足を解消する新しい支援策を発表。

パート労働者の就労時間の延長と賃上げを条件

企業に補助金が支給されます。

 

現在、パート労働者の年収が130万円を超すと

社会保険料(健康保険・厚生年金保険料)が20万円近くかかります。

そのため、130万円を超えないような働き方を選択するパート労働者が多くいます。

いわゆる、「130万円の壁」です。

 

さらに、2016年10月から従業員501人以上の企業では

社会保険(厚生年金・健康保険)の加入基準が変わり、

保険料が発生する年収基準は130万円から106万円に下がります。

 

1.支給条件

・大企業で2%、中小企業では3%以上の賃上げ

・パート労働者が働く時間を週5時間以上延長 など

2.パート労働者1人あたりの補助金支給額

・賃上げ率に応じて2万円以上

・労働時間の拡大に対して20万円

3.1事業所あたり最大600万円まで

例えば、時給1000円で週20時間働くと年収は104万円。

社会保険料はかからず手取り額も同じ104万円(税金は計算の対象外とした場合)。

新制度の適用を受け1030円の時給で週25時間働く場合、

年収は約30万円増の133.9万円。

社会保険料の19.4万円を引いた114.5万円が手取り額となります。

4.本政策の実施期間

2016年4月~2019年度まで(4年間)

 

 

日経_20151205
(2015.12.5 日経新聞より引用)

 

 

支給条件の詳細や補助金の支給方法等、

まだ具体的に発表されておりませんので、

今後新たに情報があればお知らせいたします。

 

ご興味のある方はこちらよりお問合せください。

事前準備と詳細発表後の対策アドバイスを

させていただきます。