アドバイザリー

  1. Home
  2. /
  3. 労務サービス一覧
  4. /
  5. アドバイザリー

このようなお悩みはございませんか?

当法人の「アドバイザリーサポート」は、下記のような経営者、人事労務担当者の課題・お悩みを解決いたします。

  • 気軽に相談ができる専門家を探している
  • 今契約をしている社会保険労務士の相談対応やレスポンス速度に不満がある
  • 「法律上はこうする必要がある」といった杓子定規な回答でなく、自社に寄り添った提案をしてくれる専門家をさがしている

ステディのアドバイザリーサポートとは?

人事・労務の問題は、不安に感じたり、悩みの種が見つかったときはすでに対応が後手に回っていることが多くある中で、

「困っているから専門家に相談したのに、対応が遅い」となると、不安の種はより大きいものになってしまいます。

当法人では、

  • お客様に安心感を提供するためのレスポンス速度、対応
  • 経営者の悩みを自分事に置き換えた、杓子定規ではないアドバイス

を心掛けたコミュニケーションをお約束し、経営者・人事労務担当者の方が目の前の仕事に安心して取り組めるようにサポートをいたします。

サポート事例のご紹介

当法人に初めてご相談をいただくお客様の中には

「社会保険労務士にどのような相談をすればいいのか分からない」といったお声をいただくこともあります。当法人と顧問契約を結んでおられる経営者の方からよくいただくご相談事例を紹介しますので、ぜひご参考にしてください。

労働時間の管理・有給休暇に関するお悩み

  • 管理監督者は労働時間の管理をする必要はないと思うのですが、長時間労働対策はどうすればいいのでしょうか?
  • パート従業員から有給休暇の申請がありましたが、拒否しても大丈夫ですか?

賃金・残業代に関するお悩み

  • 毎日の勤怠管理は、15分単位で残業時間をカウントしています。労働基準監督署から指摘される可能性はあるのでしょうか?
  • 固定残業代を支払っているのですが、深夜残業があっても固定残業時間内であれば問題はありませんよね?

解雇・問題社員トラブルに関するお悩み

  • 会議中に居眠りをする従業員を解雇したいのですが、法的リスクについて教えてください
  • 採用面接の際には問題なかったのですが、実は健康リスクを抱えているからテレワークをしたいと従業員から申し出がありました。採用時に虚偽の報告をしていたようですが、試用期間満了で本採用拒否は可能でしょうか?

解雇問題や未払い残業といった従業員とのトラブル対応の方法から、法改正、最新の人事労務情報の共有といった、各種対応

お客様の課題を早く、丁寧に解決することが専門家に依頼するメリットだと自負しています。
また、インターネットで調べると人事労務に関する情報も簡単に出てきますが、法律一辺倒の回答ではないアドバイスにこそ価値があると考えておりますので、
当法人では多くの事例を踏まえた回答や、貴社の状況をしっかりと把握した上で日々労務相談を行っております。

アドバイザリーサポートの流れについて

労務トラブル発生・不安ができた場合

お困りごとがありましたら、お気軽にご相談ください。
ご連絡方法につきましては、ご契約時に導入いただいたチャットツール(チャットワーク・メール)等で弊社担当までご連絡ください。

当法人からの回答

回答につきましては、多くのお客様からの要望を受けて「チャットを基本とした文章で残る回答」を実施しております。
後から確認することもできますので、好評をいただいております。
状況によっては、ZOOM等を利用して別途打ち合わせを実施するケースもございますので、お問い合わせください。

アドバイザリーサポートの料金について

月額22,000円(税込み)からご案内しております。

詳しくはこちらの料金ページをご覧ください。

ステディが提供する人事・労務サービス