助成金申請

経営資金のひとつとして「助成金を活用」するという選択肢。
企業の成長を国も支援、
当事務所ではその橋渡しを行っています。

助成金とは?

厚生労働省を始め東京都などの各都道府県、地方公共団体から受給できる返済不要のお金です。

助成金が受給できる企業=国からのお墨付き~働きやすい環境づくりを国がサポートしています〜

従業員が働きやすい環境を作ることは経営の使命のひとつ。
その企業が描く適正な企業像と、国が描く適正な企業像が合致した証のひとつとして助成金が支給されます。
国は適正な企業に助成金を支給することで、優良な企業の成長を支えています。

助成金ってわずらわしい?~受給までに手間がかかりますが経営資金に活用できます〜

なぜ企業にとって役立つ助成金制度が多数あるにも関わらず活用しない企業が多いのでしょうか?
正直手続きには労力がかかります。そもそも助成金の存在自体知らないというケースも多いです。また、申請をやりなれてないために、ちょっとしたことで受給できなかったりします。「受給できるまでの手順が不明瞭」「手間や時間が随分とかかる」、という声をよくお聞きします。

経営視点で助成金を捉えてみてください。
企業の売上は人が作っていくものですが、人事・労務に関する業務からはお金を生み出さず、運転資金から捻出するものです。その部分の資金を国から受給できるというのは、経費削減はもちろん、経営資金として非常に有効です。
“わずらわしい助成金”ではなく、“国のお墨付きを貰いつつ、経営を資金面からサポートする国の制度”を有効活用ください。

助成金の受給には正しい選択と申請が必要です~ぜひ当事務所にお任せください〜

その企業に的確な助成金制度をご提案いたします。
書類作成から申請までをお任せいただくことで、その資金を円滑に受給いたします。
しかも当事務所への報酬はその助成金から捻出すれば良いだけです。
経営に強い味方となる助成金を使わないのはもったいない、使わない手はありません。

subsidy_img01

雇用関係の助成金だけでも50種類近くあります~活用できる助成金を見つけてください~

助成金は、実際の利用状況を踏まえて毎年見直しされています。
助成金の役割や効果によって、廃止されたり、支給額の縮小されたり、逆に増額されるなど、アップデートされています。内容の変更と合わせて、申請(書類作成や提出資料など)も変わってきますので、最新情報は当事務所にお問合せください。

subsidy_img02

当事務所が
サポートできる代表的な業務