助成金

2015.11.10
たきもと事務所が考える助成金の活用方法

 

こんにちは。

 

先日の日経MJで

2014年度版「第33回サービス業総合調査」

の結果が紹介されていました。

 

その紙面のひとつに

人材不足への企業の対応についての記事がありました。

 

人材こそがサービスの核となる労働集約型の業界では、

パート・アルバイト等の正社員化が急速に進んでいます。

 

▼2015.11.4up! 日経MJより

MJ記事_20151104

 

リクナビ等の民間転職機関とハローワーク等の公的機関を比べると、

民間転職機関の方が優秀な人材が集まると言われています。

情報の鮮度・広さ・深さ等で差があるとされますが、

そもそも無料と有料ですから当たり前といえば当たり前です。

 

会社としては少しでも優秀な人材がほしいが、

民間転職期間はコストが高い!

と感じるのではないでしょうか。

(私のお客様は100万円かかったと。。)

 

ケースによっては、『助成金の活用』が有効かもしれません。

企業が描く適正な企業像と国が描く適正な企業像が合致した際に、

助成金は受給できます。

いわば国のお墨付きをもらうようなものです。

 

例えば、非正規社員を正規社員に転換すると

一人につき最大50万円

東京都の場合、プラス50万円=100万円が受給可能です。

いかがでしょうか?!

有料の民間転職機関を使用しても

実質無料で優秀な人材を採用できる可能性があります。

 

助成金を有効活用して、

優秀な人材の採用に役立てましょう。

 

もちろん当事務所でも、

助成金受給のお手伝いをしております。

是非お問合せください!

 

【助成金のご相談は03-6261-3895まで】